フォト

お知らせ

  • 2018年10月10日(水)テーマを「もみじ」に変更

お勧め本

日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 【生きているよ~ひまネタなう】老人あるある | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】釜たけうどんでちく玉カレーランチ(サラダ付き) »

2018年8月 6日 (月)

【情報】熱中症対策で塩分の摂り過ぎに注意!!

 暑すぎるわっ!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

 WM患者は,脱水により血液粘稠度が高くなるので,早めの水分補給をお願いします。

 しか~し,テレビでは,「水分・塩分をおとりください」と,水分・塩分を並べてアナウンスしているのが気になる。
 熱中症対策で塩分追加が必要なのは,汗を大量にかくひと限定の話なのに。

熱中症対策で塩分の摂り過ぎに注意!!

救急医からの提言:「水中毒」と「熱中症」 | Dr.Hisacchi:誰もがわかりやすく健康・予防・医療を理解する事ができるブログ

「水中毒」で一般人を怖がらせる記事は、アクセス数を集める目的と思って頂いて結構です。
夏の暑い時期にわざと常識と反対の事を言って、目立とうとしているだけですから。

水中毒が危険で危ない?

というわけで、僕の結論としては「水中毒の情報はいらない」だ。

むしろ水中毒の情報を流すことで、水中毒が怖いからと熱中症予防に必要な水分を摂ることを躊躇したり、また経口補水液などに水分摂取を頼ることによる弊害が起こる可能性があり、そのほうが水中毒そのものの危険性よりも高いと考えられる。

 室内にこもっていられるひとには,ふだんとりすぎの塩分を排出できて,塩分に関しては,いまくらいが,ちょうどいいのではないか?
*個人の見解です。

Dsc05295

« 【生きているよ~ひまネタなう】老人あるある | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】釜たけうどんでちく玉カレーランチ(サラダ付き) »

情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【生きているよ~ひまネタなう】老人あるある | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】釜たけうどんでちく玉カレーランチ(サラダ付き) »

まめうさ「温泉」

管理人専用

  • (1)気がついた時に,すぐやる!  まとめてやろうとするから,忘れる。効率は,二の次!  やりわすれたら,非効率。 (2)指差し確認!  電源ブレーカー断(長時間外出時)など。 (3)はり紙,タグ付け  *このエントリーは,管理人自身用です。  しばらく前から,上記のことを意識しようとしたのですが,どうしても,忘れがちでした。  それで,いつも見る場所に掲示することにしました。

掲示板

情報源

無料ブログはココログ