フォト

お知らせ

  • 2018年09月19日(水)テーマを「ウサギ」に変更

本ブログの旧ブログ

お勧め本

日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【病中閑あり】2018年6月貧血メタボ老人さんぽ・日比谷花壇大船フラワーセンターのハナショウブ~大船系 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】おぼんdeごはんで麦富士豚のすりおろし野菜ソース »

2018年6月13日 (水)

【情報】希少かつ治癒困難な非ホジキンリンパ腫の1つであるワルデンストレームマクログロブリン血症(Waldenstrom’s macroglobulinemia:WM)に対して、リツキシマブへのBTK阻害薬ibrutinib(商品名IMBRUVICA)の上乗せ効果が示される【JOHNSON & JOHNSON】

Oncology Tribune
より。

希少かつ治癒困難な非ホジキンリンパ腫の1つであるワルデンストレームマクログロブリン血症(Waldenstrom’s macroglobulinemia:WM)に対して、リツキシマブへのBTK阻害薬ibrutinib(商品名IMBRUVICA)の上乗せ効果が示される【JOHNSON & JOHNSON】

 「続きを読む」をクリックすると,いきなり,ジョンソンandジョンソンの英文ページに飛ばされて,ビックリ!(゚д゚)!

 グーグル翻訳したものをざっと見て,意味の通じない所,こまかい所や数字は,原文に当たるといいでしょう。

 さて,oral presentationが,Best of ASCO 2018 Meetingsに選ばれたとのこと。

Overall response rates and major response rates were significantly higher for IMBRUVICA plus rituximab versus placebo plus rituximab (92% vs 47%; 72% vs 32% [both P <0.0001]). In addition, there was an improvement in hemoglobin seen in patients treated with the combination versus the placebo plus rituximab arm (73% vs 41%, P <0.0001).

 92% vs 47%; 72% vs 32%って,2倍の開き。(゚д゚)!
 でもrituximab単体との比較だからなぁ。もともとrituximab単体では,そんなもんでしょ。

 ibrutinibがWMによろしおすぇというのは,この数年,よく見かける。

《関連記事》
【情報】「リツキサン」治療が無効になったワルデンシュトレームマクログロブリン血症の人でも、「イムブルビカ」治療によって有効性が期待できる。

 "IMBRUVICA plus rituximab versus placebo plus IMBRUVICA"のstudyをしてくれないと,ibrutinib+rituximab併用の効果がわからん。

 ibrutinib単体で,いいんじゃね?

« 【病中閑あり】2018年6月貧血メタボ老人さんぽ・日比谷花壇大船フラワーセンターのハナショウブ~大船系 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】おぼんdeごはんで麦富士豚のすりおろし野菜ソース »

情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【病中閑あり】2018年6月貧血メタボ老人さんぽ・日比谷花壇大船フラワーセンターのハナショウブ~大船系 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】おぼんdeごはんで麦富士豚のすりおろし野菜ソース »

まめうさ「お月見」

管理人専用

  • (1)気がついた時に,すぐやる!  まとめてやろうとするから,忘れる。効率は,二の次!  やりわすれたら,非効率。 (2)指差し確認!  電源ブレーカー断(長時間外出時)など。 (3)はり紙,タグ付け  *このエントリーは,管理人自身用です。  しばらく前から,上記のことを意識しようとしたのですが,どうしても,忘れがちでした。  それで,いつも見る場所に掲示することにしました。

掲示板

情報源

無料ブログはココログ