まめうさ「温泉」

フォト

お知らせ

  • 2017年10月06日(金)テーマを「落ち葉」に変更

本ブログの旧ブログ

お勧め本

日本血液学会 造血器腫瘍診療ガイドライン

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人徘徊記・横須賀市立しょうぶ園の赤とんぼ

1.プロローグ

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人徘徊記・横須賀市立しょうぶ園のハナショウブ

2.入場割引使いそこねた(T_T)

さんぽ日:2017年06月17日(土)
目標:横須賀市立しょうぶ園のハナショウブ
日没予定:1858

 反対側に下山。

S20170617124208

S20170617124232

S20170617124246

S20170617124326

S20170617124416

S20170617124506

S20170617124518

S20170617124528

S20170617124738

S20170617124914

S20170617124936

S20170617125404

S20170617125528

S20170617125720

S20170617125726

S20170617125810

S20170617130254

S20170617130318

《ゴール》

S20170617130504

 駅ハイコースは,この先,衣笠山公園→衣笠神社→衣笠駅と続くが,この区間は2014年にすでに踏破済みである。横須賀しょうぶ園衣笠山公園間は,大きな車道沿いの道が続いて,歩きたくない。ということで,自主的にコース完了である。

《関連記事》
【病中閑あり】2014年4月貧血メタボ老人徘徊記・衣笠山134.2m単独無酸素登頂withサクラ

 いま,読み返してみたら,ヘモ8.4で登山している。(゜o゜;
 あえぎながら登って,山頂までに,とちゅう,2回休んだ記憶がある。

 駅ハイ7,8,9月は,参加したいコースがない。駅ハイは夏休み。(^.^)/~~~

2017年6月24日 (土)

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人徘徊記・横須賀市立しょうぶ園のハナショウブ

1.プロローグ

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人徘徊記・花しょうぶ・ふじの名所と衣笠山ハイキング~アニメ『ハイスクール・フリート』ゆかりの地を巡る~横須賀しょうぶ園

 

2.しょうぶ娘はいなかった

さんぽ日:2017年06月17日(土)
目標:横須賀市立しょうぶ園のハナショウブ
日没予定:1858
《横須賀しょうぶ園》
 鎌倉中央公園のハナショウブにチョウが来ないのは,トンボがいるせいかと思っていたが,ここでは,チョウとトンボと,共存している。

S20170617114352

S20170617114506

S20170617114546

S20170617114622

S20170617114716

S20170617114814

S20170617114954

《しょうぶ娘はいないけど》
 町娘なら。

S20170617115146

S20170617115200

S20170617115342

S20170617115408

S20170617115420

S20170617115428

S20170617115650

S20170617120036

S20170617120102

S20170617120122

S20170617120210

S20170617120312

S20170617120450

S20170617120608

S20170617121120

S20170617121310

S20170617122500

S20170617123238

 無酸素登頂成功である。

2017年6月21日 (水)

【治療経過】2017年6月治療編

(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン5mg)/day)→2011年8月休薬→2012年1月形質細胞5%→2012年3月BDR→2012年9月休薬→2013年3月より4週1回BDR→2013年10月より2014年9月まで4週1回BD(ボルテゾミブ(ベルケード),デキサメタゾン(レナデックス)→2015年1月~6月BR療法4週1回リツキシマブ(リツキサン560mg(375mg/㎡)*1日)+ベンダムスチン(トレアキシン135mg(90mg/㎡)*2日)6サイクル→2015年6月休薬→2017年5月よりBR療法。
---------------------------------
 起床時からの飲水は,800ml。

 IgM597(2/4)→763(3/31)→700(5/26)→1126(7/21)→841(9/29)→1780(11/24)→585(1/19)→563(3/2)→891(4/13)→1255(5/18)→770(6/8)で,改善。

 ヘモグロビン12.9(2/4)→13.5(3/31)→11.9(5/26)→12.2(7/21)→12.2(9/29)→11.6(11/24)→11.5(1/19)→10.0(3/2)→9.7(4/13)→8.7(5/18)→9.1(5/25)→9.5(6/8)→9.6(6/20)で,平衡。

 白血球4200(2/4)→4600(3/31)→4000(5/26)→4300(7/21)→4600(9/29)→4200(11/24)→3700(1/19)→3500(3/2)→4200(4/13)→3300(5/18)→3400(5/25)→3200(6/8)→2600(6/20)で,悪化。ベンダムスチンの副作用なので,しょうがない。

 血小板10.8(2/4)→12.7(3/31)→11.9(5/26)→13.1(7/21)→13.8(9/29)→14.3(11/24)→14.4(1/19)→14.3(3/2)→14.7(4/13)→17.2(5/18)→17.1(5/25)→15.5(6/8)→8.7(6/20)で,超絶悪化。><

 CRPもプチ改善したし,TPの値からすると,IgMも,また改善したっぽい。
 血小板がねぇ~。(+_+)

《症状》
 体調は,かなり,よくなった。

《処方》
 BR療法。

<血液検査結果抜粋>
右側が隠れている場合は,矢印キー(→)で,スライドさせてください。

 過去のデータは,

8.過去の<血液検査結果抜粋>

を参照ください。

Chart20170620

2017年6月18日 (日)

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人さんぽ・花しょうぶ・ふじの名所と衣笠山ハイキング~アニメ『ハイスクール・フリート』ゆかりの地を巡る~横須賀しょうぶ園

1.プロローグ
 駅ハイ参加。

春の花の旬を迎える「横須賀しょうぶ園」とアニメ『ハイスクール・フリート』で話題の衣笠山公園を楽しむことができます。5月下旬から7月上旬にかけては412品種・14万株の「ハナショウブ」が堪能いただけます。この機会に衣笠を散策してみませんか!
約3時間30分(施設での見学時間含む)    
歩行距離     約8.5km

横須賀市立しょうぶ園 - 花の開花情報がわかる! [花の名所案内]

 大楠山の麓、静かな山並みに囲まれた市立 のしょうぶ園。約3.8haの広大な園内には、ハナショウブ田に江戸を中心に発展した江戸系、江戸系の流れをくむ肥後系、伊勢松阪を中心に改良された伊勢系など412品種、14万株が大小の田に分かれ植栽されている。また、園内にはハナショウブの他に「ふじ苑」や「しゃくなげ苑」の花が、4月上旬から5月上旬にかけて開花して楽しめる。緑豊かな環境にあるため野鳥が訪れ、さえずりも聞かれる。花期間の4月から6月までが有料で、その他の期間は無料で園内の散策が楽しめる。

 「横須賀しょうぶ園」は何年も前から行こうとは思うも,衣笠駅からバスで往復するだけでは,時間があまる。といって,周辺のウォーキングコースは踏破済みなので,組み合わせるコースがなく,保留にしていた。
 駅ハイがウォーキングコースを設定してくれたので,やっと,踏破ができる。

2.♪ここも横須賀

さんぽ日:2017年06月17日(土)
目標:横須賀市立しょうぶ園のハナショウブ
日没予定:1858

■6月14日現在の開花情報です。
・花しょうぶは見頃を迎えていますが、早咲きの花しょうぶの花は少ないです、今週末くらいまでが見頃と思います。

09:36着 衣笠

《衣笠駅》

S20170617094048

《駅そば「本陣」》

駅そば踏破でお世話になっている
全国駅そば選手権
で,高評価だったので,期待。
 生めんからゆでる本格派。

S20170617094134

《朝食》
 つゆが,ちょっとしょっぱかった。
 いま。全国駅そば選手権を読み返してみたら,やっぱり塩気が強すぎると書いてあった。

S20170617094528

《光心寺》

S20170617100518

《軍艦比叡鎮魂碑》
 軽く手を合わせる。

S20170617100604

S20170617100708

《阿部倉諏訪神社》
 おさい銭一円で,家族とWM患者と膠原病患者のみなさんの健康長生きと自分のIgM低下とヘモグロビン増加を願う。

S20170617112402

S20170617112922

《横須賀しょうぶ園》
 ゴール。
 このコース,アップダウンが多い表記なのだが,それは,衣笠山登山があるからだろうと思っていた。しかし,衣笠駅しょうぶ園間だけでも,アップダウンが多い。その上,手抜き地図のせいで,3回道をまちがえて,計20分ほどロスってしまって,疲れた。
 諏訪神社入り口の写真,進行方向と逆方向から撮影してあって,これでは見落とすわな。

S20170617113440

2017年6月16日 (金)

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人さんぽ・ときがわ花菖蒲園のハナショウブ

1.プロローグ

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人さんぽ・清流・都幾川で春を探そうハイキング

2.翌日は寝たきり老人

さんぽ日:2017年06月14日(水)
目標:ときがわ花菖蒲園のハナショウブ
日没予定:1858

《ときがわ花菖蒲園》
 しおれている花も,だいぶあったので,やや見頃過ぎというところか。

S20170614104610

S20170614105156

S20170614105214

S20170614105302

S20170614105430

S20170614105452

S20170614105622

S20170614110122

S20170614110354

S20170614110744

S20170614110804

S20170614110944

《玉川温泉まで2km》
 ここに行きたかったのだけれど,歩くには遠いし,バスの便はない。

S20170614112058

《明覚駅》
 ゴール。

 標準所要時間3時間30分のところ,ゆっくりめでも2時間30分で歩いたが,標準所要時間がサバ読みだろう。

S20170614123412

《50分待ち》
 時刻表をパット見,1時間に1本かぁと思ったが,よくよく見ると1時間半に1本だった。
 隣の駅に行きたいだけなのに。おそるべし,超絶ローカル線!
 待ち時間でめしを食おうにも,近くに飲食店はない。おそるべし,秘境駅!
 っていうか,今回のコース中,飲食店をみかけなかった。住民は,自給自足の生活をしているのだろう。

S20170614123640

《小川町駅》

S20170614133556

《おがわ温泉 花和楽の湯》

おがわ温泉 花和楽の湯は、埼玉県小川町に湧出した、PH10.0を誇るアルカリ単純泉。お肌をすべすべにする「美人の湯」が湧き出る天然自噴温泉です。

 やだ,これ以上美人になったら,どうしよう?(*´艸`*)

 湯船につかって,「ハァ,極楽極楽」をやっていると,おねえさんがやってきて,これからロウリュウサービスをやるので,集まれというので,参加してみた。

ロウリュウとは、サウナ室を熱しているサウナストーンに水で薄めたアロマオイルをかける事によって立ち上る、アロマの香りと熱風を楽しんで頂くサウナ入浴法です。

 タオルや大うちわであおいで,熱風を吹き付けるのだが,予想していたほど熱くはなかった。
 前にテレビで見たことがあるが,その時は,やってみたいとは思わなかった。
 でも,老い先短い人生,なにごとも経験である。

S20170614135228

《昼食》
 老い先短い老人のたまのぜいたく。

S20170614152620

S20170614153552

《ジュウジュウ》
 前々日から前日に比べれば,だいぶよくはなってきたが,あまり食欲がない。
 肉は食べられるが,ごはんが,もそもそとした感じで,のどを通らない。少し残した。

S20170614153830

《カロリー補給》

S20170614155024

S20170614155634

《ゴール》

S20170614170636

2017年6月15日 (木)

【生きているよ~ひまネタなう】吉野家で黒カレー

 かなり前の新発売だったが,体調不良等で,行けなかった。

あめ色玉ねぎ、トマトペースト、りんご果汁など、野菜と果物をベースに、15種類のスパイスをバランスよく配合した“本格ルー”で仕上げた、辛さと豊かな香りのカレーです。

《黒カレー》
 具なしカレーでした。牛丼用の肉を添えるのがお勧めらしいけど,きのうは食欲がなかったので,きょうはカレーのみで様子見。
 まぁまぁ,おいしかった。

Dsc01929

2017年6月14日 (水)

【病中閑あり】2017年6月貧血メタボ老人さんぽ・清流・都幾川で春を探そうハイキング

1.プロローグ
 2ヶ月ぶりの駅ハイ参加。

清流・都幾川の遊歩道を歩きながら、自分だけのお気に入りスポットを探しませんか。4月上旬は関東の駅百選に選ばれた駅舎の脇にある桜やハナダイコン、5月は新緑の里山、6月は花菖蒲(「花菖蒲まつり」6月4日(日)開催)を楽しむことができます。

所要時間     約3時間30分(施設での見学時間含む)    
歩行距離     約7.0km

2.今度カロリーメイトゼリーを買おう

さんぽ日:2017年06月14日(水)
目標:ときがわ花菖蒲園のハナショウブ
日没予定:1858
 6月9日,見頃宣言が出たが,その後,更新がない。まだ,見頃はつづいているだろう。

《明覚駅》

S20170614093112

《青岩淵》

S20170614095952

《朝食》
 貧乏人には,ウィダーインゼリーはちょと高いが,これなら半額で買える。

S20170614100214

《チョウ》
 いっぱい飛んでいた。

S20170614100750

《おいしい慈光寺米》

S20170614101446

S20170614101514

《八高線鉄橋下》

S20170614103308

《破岩橋・明神淵》

S20170614103630

S20170614103726

《ときがわ花菖蒲園》
 ゴォオオール。

S20170614104536

2017年6月10日 (土)

【治療経過】2017年6月検査編

(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン5mg)/day)→2011年8月休薬→2012年1月形質細胞5%→2012年3月BDR→2012年9月休薬→2013年3月より4週1回BDR→2013年10月より2014年9月まで4週1回BD(ボルテゾミブ(ベルケード),デキサメタゾン(レナデックス)→2015年1月~6月BR療法4週1回リツキシマブ(リツキサン560mg(375mg/㎡)*1日)+ベンダムスチン(トレアキシン135mg(90mg/㎡)*2日)6サイクル→2015年6月休薬→2017年5月よりBR療法。
---------------------------------
 起床時からの飲水は,800ml。

 IgM597(2/4)→763(3/31)→700(5/26)→1126(7/21)→841(9/29)→1780(11/24)→585(1/19)→563(3/2)→891(4/13)→1255(5/18)→-(5/25)で,検査なし。

 ヘモグロビン12.9(2/4)→13.5(3/31)→11.9(5/26)→12.2(7/21)→12.2(9/29)→11.6(11/24)→11.5(1/19)→10.0(3/2)→9.7(4/13)→8.7(5/18)→9.1(5/25)→9.5(6/8)で,プチ改善。

 白血球4200(2/4)→4600(3/31)→4000(5/26)→4300(7/21)→4600(9/29)→4200(11/24)→3700(1/19)→3500(3/2)→4200(4/13)→3300(5/18)→3400(5/25)→3200(6/8)で,平衡。

 血小板10.8(2/4)→12.7(3/31)→11.9(5/26)→13.1(7/21)→13.8(9/29)→14.3(11/24)→14.4(1/19)→14.3(3/2)→14.7(4/13)→17.2(5/18)→17.1(5/25)→15.5(6/8)で,平衡。

 治療開始から2週間しかたってないが,CRPも改善しているし,総たんぱくも減っているし,治療効果が出ているもよう。

《症状》
 2週前の二日間治療の翌日,前回はなかった胃のむかむか感が発症した。その後,むかむか感はなくなったが,重苦しい。食欲減退がひどくなった。ちょっと食べただけで,胃が張って苦しい。
 やっと,2週前の状態に戻った。疲れやすいのと食欲不振は,2週間前と同程度。

《処方》
 2週後,BR療法。

<血液検査結果抜粋>
右側が隠れている場合は,矢印キー(→)で,スライドさせてください。

 過去のデータは,

8.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

Chart20170608

《採血後の朝食》

Dsc01869

Dsc01870

2017年6月 9日 (金)

【生きているよ~ひまネタなう】有栖川 有栖「江神二郎の洞察」 (創元推理文庫)と 「ジュリエットの悲鳴」(実業之日本社文庫)を買ったよ

 次回,点滴用,および,電車ですわれない時用。イマドキの若いもんが,電車内でべたべたとすわりこんでいて,重病の貧血老人がすわれない不条理。o(`ω´*)o

江神二郎の洞察 (創元推理文庫) | 有栖川 有栖 |本 | 通販 | Amazon
 5年前に単行本で刊行したものの文庫化。

ジュリエットの悲鳴 (実業之日本社文庫) | 有栖川 有栖 |本 | 通販 | Amazon


《江神二郎の洞察&ジュリエットの悲鳴》

Dsc01879

2017年6月 8日 (木)

【生きているよ~ひまネタなう】福島<喜多方老麺まるや>で喜多方チャーシューメン

喜多方市 琥珀色のスープ、懐かしい昭和の中華そば | 老麺まるや - ぐるっと会津

「喜多方老麺まるや」は、昭和29年に創業し、3代目が味を守り続けている老舗です。先代は喜多方老麺会の初代会長でした。
琥珀色の合わせダシと、一子相伝のタレ。
今は懐かしい、昭和の中華そばをお召し上がりください。

《福島<喜多方老麺まるや>》
 まぁ,デパートの東北物産展のイートインですが。^^;

Dsc01876

《喜多方チャーシューメン》
 まぁまぁ,おいしかったが,チャーシューが塩っぱすぎる。こんなチャーシューなら,チャーシューメンは頼まなかったのだが。

Dsc01871

Dsc01873

《デザート》

Dsc01875

Dsc01874

《おみやげ》

Dsc01877

Dsc01878

2017年6月 7日 (水)

【雑感】鎌倉中央公園2017年6月~ハナショウブが見頃

《鎌倉中央公園》
 ハナショウブは見頃だけど,チョウはいない。かわりにトンボがいたけど,トンボは花と関係なく,夏のあいだ,いつもいる。
 アジサイは,まだ,これから。

Dsc01852

Dsc01853

Dsc01854

Dsc01855

Dsc01856

Dsc01857

Dsc01862

Dsc01858

Dsc01859

Dsc01860

Dsc01861

Dsc01863

Dsc01864

Dsc01865

Dsc01866

Dsc01867

Dsc01868

2017年6月 6日 (火)

【情報】「リツキサン」治療が無効になったワルデンシュトレームマクログロブリン血症の人でも、「イムブルビカ」治療によって有効性が期待できる。

 見てのとおり,本ブログのメインコンテンツはひまネタで,サブが貧血メタボ老人さんぽであるが,体調不良で,出かけられないので,更新がままならない。
 やむなく,ストックネタでお茶をにごす。(T_T)

《関連記事》 
【情報】WMにイブルチニブを適用したフェーズ2、2年時点の分析でも高い奏効率と論文発表
 WMにイブルチニブが有効という報告は,上記以外にも目にしていた。

日本がん対策図鑑より

【ワルデンシュトレームマクログロブリン血症:二次治療】イムブルビカ | 日本がん対策図鑑

「リツキサン」治療が無効になったワルデンシュトレームマクログロブリン血症の人でも、「イムブルビカ」治療によって有効性が期待できる。

試験では、「イムブルビカ」治療を受けた90%が奏効し、86%が18ヵ月間増悪なく生存し、97%が18ヵ月生存できた。

「イムブルビカ」治療によるグレード3以上の有害事象は、好中球減少症(13%)、高血圧症(10%)、貧血(6%)、血小板減少症(6%)、下痢(6%)。

 リツキシマブ単体奏効率30%などと比べると,90%は,高い。
 ベンダムスチンでも,添付文書によると,低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫で奏効率89.7%となっているから,同じくらいか。しかし,こちらはWM限定の数字だから,より,信頼できるのかね。ベンダムスチンに耐性ができたら,イブルチニブが有力候補になりそう。
 あと,原論文によると,母数は31例か。少ないのね。

 日本がん対策図鑑では,原論文のイブルチニブを,わざわざ日本での処方名「イムブルビカ」で言い換えているけど,イムブルビカはWMでは未承認なんだよね。よく,わからん。
 本記事作成時点での適応は,下記のとおり。

1) 再発又は難治性の慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)
2)再発又は難治性のマントル細胞リンパ腫

 まぁ,ホニャララ病院なら…おや,だれか来たようだ?

Dsc01844

Dsc01847

Dsc01848

Dsc01849

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

管理人専用

  • (1)気がついた時に,すぐやる!  まとめてやろうとするから,忘れる。効率は,二の次!  やりわすれたら,非効率。 (2)指差し確認!  電源ブレーカー断(長時間外出時)など。 (3)はり紙,タグ付け  *このエントリーは,管理人自身用です。  しばらく前から,上記のことを意識しようとしたのですが,どうしても,忘れがちでした。  それで,いつも見る場所に掲示することにしました。

掲示板

情報源

無料ブログはココログ