移転先新ブログ


お知らせ

  • 2018年10月31日(水)新ブログに移行しました
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【生きているよ~ひまネタなう】やよい軒で「鶏もも一枚揚げ定食」 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】吉野家で「豚スタミナ丼」「にんにく増し」 »

2017年3月22日 (水)

【治療戦略】次回抗がん剤治療は早めにするつもり

2017年03月24日(金)「《早めの治療のメリット?》(2)治療のための余力がある」を追記。

-------------
 「戦略」というより「戦術」だが,カテゴリーを増やすのもめんどいので。

 なお,以下に書くことは,あくまでも,わたくしの個人的戦術であって,ほかの人には,あてはまりません。
 ちょっと前に,なんでもかんでも免疫力アップしてはいけないということを書いたが,低血圧に血圧アップはいいけど,高血圧に血圧アップは死を招く。
 治療方針は人それぞれ,一般解などありません。

 さて,このところの検査で,IgM増加,ヘモグロビン低下が,目立ち,そろそろ抗がん剤治療にはいらざるをえないだろう。実際,以前に比べ,坂道を登るのがきつくなっている。

 過去の経験では,ヘモグロビンが9を切ると,QOLが低下するので,9を切るまでには,治療にはいりたい。
 治療決定から治療開始までのタイムラグがあるので,9.5ぐらいで決めなくてはだ。
 よくなる時は時間がかかるが,悪くなる時は,あっというまだ。><

旧ブログからの引用↓

《ヘモグロビン数値と体調の相関関係》
 あくまでも,わてくしの場合。

 10以上:絶好調!東京タワーにだって,ラクラク登れる。エレベーターで。
 9台:むりしなければ,日常生活に支障なし。
 8台:日常生活に,やや支障。1階分の階段登攀は支障ないものの,2階分の登攀は息切れがする。
 7台:日常生活に,かなりの支障。7台前半になると,平地を数分間歩いただけで疲れる。
 6台:輸血が必要なレベル。わたしの自己最低値は,2009年12月の6.8。このときは,なんとか輸血をしないで,のりきった。輸血にはリスクがあるので,できるならしないで済ませたい。

《早めの治療のメリット?》
(1)QOLが低い期間を短くできる
 前回の治療前から治療の効果が出るまでのあいだは,きつかった。
 平地を数分歩いただけで,疲労困憊。通院の行きは6000円かけてタクシー。帰りは,最寄り駅までタクシー。駅までバスがあるのだが,バスの中で立っているのもつらい。
 そのうち,二日続けての治療では,二日続けてタクシーで来るより安宿に泊まったほうが安いと気付き,1日目の夜は,病院近くに泊まった。
 どう考えても,前回は治療開始が遅すぎた。
 それでも,肉体的なQOL低下で済んだのは,まだよかったのかも知れない。同病患者の中には,貧血などのりっぱな症状が出ているのに,治療を先延ばしにしたために,脳をやられ,不治のやまい,放射脳に罹患された者がいた。
 WMも不治のやまいだが,付ける薬があるから,まだいい。放射脳に付ける薬はない。
 被災者をおとしめて,悦に入っているさまは,はたから見れば,老醜をさらしているだけだ。

(2)治療のための余力がある
 治療を先延ばしにした結果,全身状態が悪くなっては,満足な治療が受けられなくなる。

 抗がん剤には,副作用がある。赤血球,白血球,血小板の三大血球に影響を及ぼすものが多い。
 特にシクロホスファミドやベンダムスチンといったアルキル化剤には,白血球を減らすものが多い。
 治療がうまく行けば,逆に白血球が増えるのだが,治療開始直後は,なぜか,減る。
 トレアキシン(ベンダムスチンの商品名)の適正使用ガイドでは,好中球数1000が治療継続の目安となっている。これを下回れば,減量あるいは治療延期となる。なお,わたしが見ているのは,2013年2月作成のものなので,いまは,多少,変わっているかもしれない。

 種もみにまで手を付けるようになっては,来年の収穫はないということである。

《早めの治療デメリット?》
(1)薬剤耐性により使える薬が早めになくなる
 最近の新薬ラッシュを見るに,あまり心配していない。

(2)医療費が増える
 治療間隔が短いのだから,とうぜん。
 しょうがないですね。QOLが改善されるなら,安い買い物である。

« 【生きているよ~ひまネタなう】やよい軒で「鶏もも一枚揚げ定食」 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】吉野家で「豚スタミナ丼」「にんにく増し」 »

治療戦略」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してました。
Hgb<10なら治療しておかしくないですが、早期治療のデメリットとして、副作用で命を縮めている可能性もあります。
延命効果>縮命作用なら治療選択肢ですが、適切な間隔より短いとトータル余命が減るかもしれません。
患者ごとに様々な状況もあるので、どれが正解なのかは、分からないですが。

私は、休薬3年7か月目に入りましたが、Hgb>9にならなくなったので、次回診察後治療に入る予定です。
好中球数100位なので、ベンダムスチンではなく、取り敢えず、また、DRCになりそうです。
リツキシマブの初回のみは入院でと思うのですが、混んでいるから通院じゃないとと言われたので、つい、4万円の部屋でもいいよ、短期間なら10万円の部屋でもいいといってしまった。---10万円の部屋空きましたと連絡が来たら、仮病でごまかそうか(-_-;)

kaitjn8さん,コメントありがとうございます。

わたしは6月で休薬2年になるのですが,それまでにHgb<9になりそうです。前回と同じRBなら,最初から通院で済みそうです。

10万円の部屋って,国立がん研か聖路加くらいしか知りません。

さぞかし,いい部屋なんでしょうね。
貸し切りの露天風呂があって,食事は,山海の珍味。(^q^)
でも,好中球数100では,刺し身,寿し禁です。残念。

病院の室料にはわながあって,一泊10万円ではなくて,一日10万円なので,一泊すると20万円。短期間入院では,この差は大きい。

PS=4(まったく動けない)で長期延命するよりも,PS=0(まったく問題なく活動できる)で,ほどほど生きるのがいいですね。

セカンドオピニオンを聞いた時は、貧血があまりにひどいと治療に差し支えるとは言われました。

でもHgb低下はつらいですね。白血球はあまり自覚できないから却って悪いのかもしれませんが・・・。

検査結果が悪い方へ動くとがっかりしますね。
どうぞお力落としのないように、そして治療がきまりましたら、それの効果が出ることをお祈りしています。

koharuさん,コメントありがとうございます。

いっときは,休薬3年くらい行けるんちゃうん?という感じだったのですが,悪化する時は早いですね。
それほど気落ちしているわけでもないので,ご心配なく。想定どおり行かないことも,想定済みですよん。(^_^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【生きているよ~ひまネタなう】やよい軒で「鶏もも一枚揚げ定食」 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】吉野家で「豚スタミナ丼」「にんにく増し」 »

無料ブログはココログ