移転先新ブログ


お知らせ

  • 2018年10月31日(水)新ブログに移行しました
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

【雑感】鎌倉中央公園2015年8月~雨

《関連記事》
【治療経過】完全復活絵里

 わたしは,ベンダムスチン(トレアキシン)のおかげで,奇跡の復活をとげた。
 ベンダムスチンは,日本では新薬ということになっているが,創薬は,半世紀前の旧ソ連時代の東ドイツで,世界的に見れば,ちっとも新薬ではない。
 こんないいもん,隠していたのか。

 *個人の感想です。Aさんに無害有効だった薬がBさんには有害無効ということもあるので,他人の体験談はあてになりません。
 医療の不確実性を理解しましょう。

《鎌倉中央公園》
 雨だと,まっぴるまから,やぶ蚊に刺される。><

Img_20150830_105610

Img_20150830_105727

Img_20150830_105921

Img_20150830_110005

2015年8月24日 (月)

【雑感】鎌倉中央公園2015年8月~ミンミンゼミとツクツクホーシの大合唱

 ミンミンゼミとツクツクホーシ以外の声も聞こえるのだけど,種類がわからない。ジジシジ…。アブラゼミ?そのほかにも,チッチッチだのの,大合唱である。

 昨晩は涼しかった。北東の風が吹いて,気温25度。って,熱帯夜じゃん。
 きょうも涼しい。サルスベリの花を見ても,それほど暑くるしくは感じられない。
 この夏は,事情で,遠出ができなかった。
 さて,こうるさいガキども活発なお子さまたちの夏休みも,終わるころ。初秋の旅に出かけるか。

《鎌倉中央公園》

Img_20150824_093649

Img_20150824_102530

Img_20150824_110026

Img_20150824_110400

2015年8月22日 (土)

【治療経過】2015年8月

(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドニゾロン5mg)/day)→2011年8月休薬→2012年1月形質細胞5%→2012年3月BDR→2012年9月休薬→2013年3月より4週1回BDR→2013年10月より2014年9月まで4週1回BD(ボルテゾミブ(ベルケード),デキサメタゾン(レナデックス)→2015年1月~6月BR療法4週1回リツキシマブ(リツキサン560mg(375mg/㎡)*1日)+ベンダムスチン(トレアキシン135mg(90mg/㎡)*2日)6サイクル→2015年6月休薬。
---------------------------------
 起床時からの飲水は,1000ml。

 IgM6020(1/6)→5160(1/20)→4370(2/4)→5685(2/12)→1075(4/17)→521(5/14)→369(6/11)→306(7/23)で,また下がった。TPとALBを見ると,そろそろ下げ止まりか。
 IgGが,基準値外スレスレまで落ちた。しかたがないか。

 ヘモグロビン輸血(1/25)→8.1(1/26)→8.2(1/28)→8.4(1/30)→8.7(2/2)→8.6(2/4)→9.7(2/12)→8.8(2/19)→8.8(3/5)→9.7(3/19)→10.7(4/2)→11.1(4/16)→10.6(4/30)→10.7(5/14)→11.3(5/28)→10.3(6/11)→10.7(6/25)→11.1(7/23)→11.8(8/20)で,平衡。微妙に改善?

 白血球1800(3/5)→2100(3/19)→2300(4/2)→2500(4/16)→2500(4/30)→2200(5/14)→3000(5/28)→2700(6/11)→2400(6/25)→3300(7/23)→3700(8/20)で改善。L印が取れた。

 あれほどとんでもない値だったフリーライトチェインも,ほぼ標準値。
 血小板は,なかなか戻りませんな。

 体重増加。(>_<)
 暑くて,外出できなかったからね。

Img_20150820_104254

《処方》

 休薬継続

<血液検査結果抜粋>
右側が隠れている場合は,矢印キー(→)で,スライドさせてください。

 過去のデータは,

8.過去の<血液検査結果抜粋>

を参照ください。

Chart20150820

2015年8月21日 (金)

【病中閑あり】2015年8月貧血少食老人徘徊記・長後駅~湘南台駅コース|小田急沿線自然ふれあい歩道

1.プロローグ

長後駅~湘南台駅コース|小田急沿線自然ふれあい歩道|小田急電鉄

相模原台地の変化を楽しみながら、長後駅から境川を南下し、湘南台駅に至るコースです。

2.本堂閉まりすぎ

徘徊日:2015年08月20日(木)
目標:長後駅~湘南台駅コース
日没予定:18:25

 朝から,かさをすほどではない雨がときどき降る天気。午後の天気予報も,ときどき雨。

 本気の雨なら中止しようと思ってたが,徘徊決行。いまの季節,雨よりも太陽がこわい。

《古久家長後店》

Img_20150820_134145

《朝食兼昼食》
 少食者用ランチセットメニュー。

Img_20150820_135230

《長後南歩行者専用道》

Img_20150820_142452

《秋の花》

Img_20150820_144104

Img_20150820_144227

《東勝寺》
 本堂が閉まっていたので,お参りスルー。

Img_20150820_150705

Img_20150820_150736

Img_20150820_150915

《おいしい神奈川米》
 このような辺境の地にまで,稲作文化が伝来していたのだ。

Img_20150820_151120

《左馬神社》
 本堂が閉まっていたので,お参りスルー。

Img_20150820_151828

Img_20150820_151907

《境川》

Img_20150820_153348

《琴平神社》
 本堂が閉まっていたので,お参りスルー。

Img_20150820_154603

Img_20150820_154727

《東泉寺》
 本堂が閉まっていたので,お参りスルー。

Img_20150820_154949

Img_20150820_154904

《鯖神社》
 おさい銭一円で,家族とWM患者と膠原病患者のみなさんの健康長生きと自分のIgM低下とヘモグロビン増加を願う。
 このあと,湘南台駅前の相鉄ローゼンで買い物をして,6.6kmの旅を終えた。

Img_20150820_162424

Img_20150820_162609

2015年8月16日 (日)

【治療事例】IgM 型多発性骨髄腫の一例

 WMではなくて骨髄腫の治療事例というか検査事例なのですが,ネタ切れなので。

PDF注意!

IgM型多発性骨髄腫の1例

urlを掘ってみると,

第64回 日本医学検査学会

 2015年開催の日本医学検査学会での発表の要旨のようです。

>【はじめに】IgM 型多発性骨髄腫は全骨髄腫の中でも極め
て稀な疾患であり,原発性マクログロブリン血症との鑑別が重要で
ある.

 IgM型多発性骨髄腫の存在に触れている資料は少ないですね。IgM過剰は無条件にWMとしている資料が,ほとんどです。わたしも,kさんに教えられてほじめて知った次第です。
 骨髄腫はWMに比べ,予後がかなり悪いので,違いは大きい。

>有意なリンパ節腫大や肝脾腫認めず.以上よりIgM-κ 型多発性骨髄腫の診断となった.

 わたしの場合は,腹部リンパ節肥大も肝脾腫もあるので,WMにまちがいないと思います。
 CD20も+だし。

>【経過】入院後3 回血漿交換実施し,BorDEX(twiceweekly)
開始.

 BorDEXは,ボルテゾミブ+デキサメタゾンでしょうね。わたしも,やりました。

>原発性マクログロブリン血症とIgM 型多発性骨髄腫は治療法が異なり,患者に与える影響が大きいため,両者の鑑別は非常に重要である.

 WMは,骨髄腫とリンパ腫の中間の病気なので,一部,骨髄腫と治療が重なる場合があります。
 骨髄腫はCD20がマイナスの場合が多く,リツキシマブが使えないというのが,大きな違いでしょうか。
 あと,骨髄腫は,とりあえず自家移植。それから,維持療法と称して,ボルテゾミブやレナリドマイドを,続ける。
 *個人の感想です。

>【まとめ】当初,臨床症状,IgM 型M 蛋白を認めたことより,
原発性マクログロブリン血症が疑われたが,骨髄所見・FCM結果等
よりIgM-κ 型多発性骨髄腫の診断となった.IgM 型M 蛋白
が検出された際の骨髄鏡検時,多発性骨髄腫も念頭において
鏡検するべきだと実感した症例であった.

 ちゃんと,IgM 型多発性骨髄腫とWMを判別しましたよ(^_^)vというのが発表の主旨でしょうか。
 いや,WMと診断された患者さんがいたのですが,実際はIgM 型多発性骨髄腫ではなかったのだろうかという一例を思いだしたので。フルダラビンなどのリンパ腫用の薬が効かなくて,骨髄腫用の薬は,よく効いた。CD20はマイナスでリツキシマブが使えなかった。また,WMにしては進行も早かった。
 もうすぐ,没後3年になります。お盆には,帰ってきたのでしょうか。
 合掌。

2015年8月14日 (金)

【雑感】【業務連絡】鎌倉中央公園2015年8月~かき氷は暑い所で食べるのがうんまい(^q^)

 ついでに,業務連絡的な、、、。

 よく移転する(^_^;)マサさんのブログが,またまた移転したので,お知らせします。
 不死鳥的な、、、さんのブログが,いつのまにか,アメーバ非会員でもコメントできるようになっていました。

《鎌倉中央公園》

Img_20150814_090930

Img_20150814_091050

Img_20150814_091117

Img_20150814_091453

Img_20150814_091551

《氷バナナ》
 みぞれにしようかと思ったが,あまり見かけないバナナがあったので,それにした。
 まぁ,着色料と香料でそれっぽくしているだけで,果汁ははいってないんだけどね。

Img_20150814_092110

Img_20150814_092100

《紅葉?》
 熱中症?

Img_20150814_102143

Img_20150814_102202

2015年8月11日 (火)

【病中閑あり】2015年8月貧血少食老人徘徊記・江の島・鎌倉モノさんぽ富士見町駅~湘南深沢駅

1.プロローグ

 湘南モノレール発行のフリーペーパーにあったコース。

2.真夏ウォーキング中のアイスキャンデーはおいしい

徘徊日:2015年08月10日(月)
目標:真夏の徘徊
日没予定:18:37
 真夏のウォーキングはくもりがいいのだが,なかなか,そういう天気にはならない。
 夕方歩こうと思っても,まだ暑く,老人徘徊は熱中症必至。
 この日は,天気予報がくもり基調だったので,決行。

《庚申塔》

Img_20150810_150613

《参道》
 出た!貧血老人殺し。
 少し前までくもっていたのだが,歩きはじめると晴れてきた。><

Img_20150810_151244

Img_20150810_151410

《北野神社》
 天神山単独無酸素登頂成功である。
 おさい銭一円で,家族とWM患者と膠原病患者のみなさんの健康長生きと自分のIgM低下とヘモグロビン増加を願う。
Img_20150810_151656

Img_20150810_151759

Img_20150810_152237

《江の島道道標》
 モデルルートは,このあと鎌倉中央公園に向かうが,いつも行っているので,スルー。

Img_20150810_153524

《分岐》
 右は山道なので,とうぜん左を行ったのだが,少ししてから,タブレットのグーグルマップを見たところ,行き止まりになっている。
 フリーペーパーの地図には分岐が書かれてなく,それだけ見ていたのでは,遭難するところだった。あぶねー。
 分岐に戻って,右を行く。

Img_20150810_154040

《登山者一名》

Img_20150810_154400

《鎌倉ニュージャーマン大船工房・直売場》
 フリーペーパーには,工房と書いてあったので,もっと小さな所かと思ってたが,大きくて驚く。工房というより,工場。
 直売場に乱入。

鎌倉スイーツ&ケーキ「鎌倉ニュージャーマン」

Img_20150810_161700

Img_20150810_164255

Img_20150810_162205

《上町屋天満宮》
 おさい銭一円で,家族とWM患者と膠原病患者のみなさんの健康長生きと自分のIgM低下とヘモグロビン増加を願う。特に,koharuさんがよくなりますようにと願った。

Img_20150810_165111

Img_20150810_165142

《洲崎古戦場の碑》

Img_20150810_173518

《ゴォオール》
 高温の中,山登りがあったり,けっこうハードな徘徊だった。

Img_20150810_174116

《おみやげ》

Img_20150811_154841

2015年8月 6日 (木)

【雑感】前向きは周囲が求めるものではない

《関連記事》

【雑感】がんばってますね: 完治をめざして

 

 一部で話題になった卵巣がん体験者の会スマイリー代表の片木さんのコラム。

卵巣がん体験者の会スマイリー活動報告: 【コラム】前向きは周囲が求めるものではない

そして紹介された関西の患者会に電話したら
「泣いていたらいつまでもそのままよ!」
「こんど●●山にハイキングに行く集まりがあるからいらっしゃい!喝をいれてあげるわ!」

 患者会あるあるですね。

 悪気はないのだろうが,周囲が求めるものじゃないよね。
 励ますのは逆効果の場合があるとは,思わないのだろうか。

 がんばろう!がんばりまっしょい!

 やだね!!!ヾ(*`Д´*)ノ"

2015年8月 4日 (火)

【雑感】鎌倉中央公園2015年8月~マムシも出るよ

《鎌倉中央公園》

Img_20150804_094533

Img_20150804_093039

Img_20150804_093055

Img_20150804_093714

Img_20150804_093829

Img_20150804_093943

《マムシ注意》

 こえぇよ!

Img_20150804_093745

2015年8月 3日 (月)

【生きているよ~ひまネタなう】サルスベリの花はきらいだ

 くそ暑い時期に,あのドギツイ赤色が,目に痛い。ますます,暑くなる。
 ピンクの花もあるが,それでも,色合いが毒々しい。

 どうも,好きになれない。
 ただ,それだけの話ナリ。

2015年8月 2日 (日)

【治療経過】完全復活絵里

2015年08月02日(日)発熱とせきについて,追記。

 先日,海抜2000mの高山に,単独無酸素登頂を果たした。
 また,関八州見晴台771m単独無酸素登頂を成功させ,無事生還した。
 登り高度差500m。
 数年前に,貧血老人の身で山登りを始めてからは,50m登るごとに一度休まずにはいられなかったが,この時は,わずか3回の休憩で500mを登った。PCを持たずにいって,荷物が軽かった効果もあると思うが。

 開腹手術後3週間で,昨年9月末退院したが,それから本年1月20日にWMの入院治療を始めるまでは,苦しかった。

 入院中に筋肉が落ちていて,ペットボトルのふたをあけられない。
 せいぜい動いて,筋肉を付けなければいけないが,数分間平地を歩いただけで疲れて,すわらずにいられない。
 通院の行きは,ラッシュアワーとかさなる時間帯になるので,6000円かけてタクシー。帰りは,ひるまのすいている時間帯に,電車に乗った。
 駅ビルで買い物をしようと思っても,わずかの移動で疲れて,ベンチで10分以上休憩。なにしろ,採血室→外待合といった病院内の移動ですら苦しいのだ。ノートPCも持っていけない。行きはタクシーなのでいいのだが,その後の移動で負担になる。

 9月中旬,まだ手術による入院中に,毎日午後発熱するようになった。午後2時3時ころから37度を越え,夜7時8時に,38度くらいになる。これは,WM治療の入院まで続いた。
 せきが,続いた。せきどめを処方してもらい,せきのひどい時に服用した。これは,12月くらいまで続いたろうか。

 これは,たぶん,治療中断したWMからきた症状だろう。
 最初のうちは,入院による体力低下もあったかもしれないが。

 6月にリツキシマブ+ベンダムスチン治療6サイクルを終えたいまは,治療の効果著しく,IgM6020が369に激減。
 治療前は輸血が必要だったが,いまは,ヘモグロビンは10台,11台を行き来している。このまま,10以上を維持してほしいものだ。

 ただし,すべてが,回復したわけではない。
 手術後に,気がつけば,白髪が急に増えていた。それまでは,少しは白髪があったものの,目立つほうではなかった。生命の危険がある時に,髪にまで栄養をやれないということなのだろうか。
 ググってみたところ,白髪がまた黒くなることもあるとのことで,期待したのだが,回復する気配はない。
 加齢による変化と思ってあきらめるしかないか。
 髪は,おんなの命。ビゲンヘアカラーでも,使おうかしらん。

2015年8月 1日 (土)

【生きているよ~ひまネタなう】ココイチでチキンと夏野菜カレー

 チキンと夏野菜カレーは8月末までの限定販売なので,うかうかしていると,たべそこなう。

《チキンと夏野菜カレー+アイスレモンミルク》

Img_20150731_163821

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

無料ブログはココログ