移転先新ブログ

お知らせ

  • 2018年10月31日(水)新ブログに移行しました
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【雑感】【業務連絡】鎌倉中央公園2015年8月~かき氷は暑い所で食べるのがうんまい(^q^) | トップページ | 【病中閑あり】2015年8月貧血少食老人徘徊記・長後駅~湘南台駅コース|小田急沿線自然ふれあい歩道 »

2015年8月16日 (日)

【治療事例】IgM 型多発性骨髄腫の一例

 WMではなくて骨髄腫の治療事例というか検査事例なのですが,ネタ切れなので。

PDF注意!

IgM型多発性骨髄腫の1例

urlを掘ってみると,

第64回 日本医学検査学会

 2015年開催の日本医学検査学会での発表の要旨のようです。

>【はじめに】IgM 型多発性骨髄腫は全骨髄腫の中でも極め
て稀な疾患であり,原発性マクログロブリン血症との鑑別が重要で
ある.

 IgM型多発性骨髄腫の存在に触れている資料は少ないですね。IgM過剰は無条件にWMとしている資料が,ほとんどです。わたしも,kさんに教えられてほじめて知った次第です。
 骨髄腫はWMに比べ,予後がかなり悪いので,違いは大きい。

>有意なリンパ節腫大や肝脾腫認めず.以上よりIgM-κ 型多発性骨髄腫の診断となった.

 わたしの場合は,腹部リンパ節肥大も肝脾腫もあるので,WMにまちがいないと思います。
 CD20も+だし。

>【経過】入院後3 回血漿交換実施し,BorDEX(twiceweekly)
開始.

 BorDEXは,ボルテゾミブ+デキサメタゾンでしょうね。わたしも,やりました。

>原発性マクログロブリン血症とIgM 型多発性骨髄腫は治療法が異なり,患者に与える影響が大きいため,両者の鑑別は非常に重要である.

 WMは,骨髄腫とリンパ腫の中間の病気なので,一部,骨髄腫と治療が重なる場合があります。
 骨髄腫はCD20がマイナスの場合が多く,リツキシマブが使えないというのが,大きな違いでしょうか。
 あと,骨髄腫は,とりあえず自家移植。それから,維持療法と称して,ボルテゾミブやレナリドマイドを,続ける。
 *個人の感想です。

>【まとめ】当初,臨床症状,IgM 型M 蛋白を認めたことより,
原発性マクログロブリン血症が疑われたが,骨髄所見・FCM結果等
よりIgM-κ 型多発性骨髄腫の診断となった.IgM 型M 蛋白
が検出された際の骨髄鏡検時,多発性骨髄腫も念頭において
鏡検するべきだと実感した症例であった.

 ちゃんと,IgM 型多発性骨髄腫とWMを判別しましたよ(^_^)vというのが発表の主旨でしょうか。
 いや,WMと診断された患者さんがいたのですが,実際はIgM 型多発性骨髄腫ではなかったのだろうかという一例を思いだしたので。フルダラビンなどのリンパ腫用の薬が効かなくて,骨髄腫用の薬は,よく効いた。CD20はマイナスでリツキシマブが使えなかった。また,WMにしては進行も早かった。
 もうすぐ,没後3年になります。お盆には,帰ってきたのでしょうか。
 合掌。

« 【雑感】【業務連絡】鎌倉中央公園2015年8月~かき氷は暑い所で食べるのがうんまい(^q^) | トップページ | 【病中閑あり】2015年8月貧血少食老人徘徊記・長後駅~湘南台駅コース|小田急沿線自然ふれあい歩道 »

治療事例」カテゴリの記事

コメント

yosimineさんは、
多発性骨髄腫に近いWMと言っていましたね!
治療も骨髄腫寄りだった気がします。

レンゲショウマが咲くと思い出します。
南無~

ハナオヤジさん,コメントありがとうございます。

>yosimineさんは、
>多発性骨髄腫に近いWMと言っていましたね!

なんか,はっきりしなかったのです。

ブログ内検索をしたところ,こんなのがヒットしました。

>私の病気の診断は原発性マクログロブリン血症であるが、この病気分類では非ホジキンリンパ腫に属し、治療法も悪性リンパ腫の治療法を用いるが、厳密に言うと私の病気はIgM型骨髄腫で、治療法は全て多発性骨髄腫で使用されているものである。

厳密にいうと骨髄腫なら,診断も骨髄腫になるはずです。
一度,質問したことがあったのですが,回答も要を得ないものでした。
いずれにせよ,治療に変わりはないというようなことを言ってました。

疑問の湧く論文ですね。

WM-MMの鑑別で大きな注目点の一つが、CD20ですが、記述がないところを見ると「+」と邪推できます。
もし、そうならば、最適の治療法は、BDではなくBDRでしょう。
なぜ、そうしなかったを考えると、この論文を書くためではないでしょうか。
つまり、治療法が違うのでWM-MMの鑑別が重要であり、我々はそれができたと言いたいのでしょう。
ところが、BDRはWMの治療法なので、「鑑別は出来たけれど治療法は同じでした」では論文のインパクトがないのを嫌ったのではないでしょうか。
もしそうだとすると、論文のために治療法をゆがめたことになり、倫理上問題が大きい気がします。

最近では、WM-MMの鑑別に、MYD88の変異を調べるようになったと考えますが、この記述がないのは、時間的な問題なのでしょうか。

yosimineさん、もう3年になりますか。
次は誰でしょうって、今まで自分は入れていなかったのですが、最近は、自分も考慮に入れるようになっています。
とはいえ、私は慎み深いので、みなさんお先にどうぞ...

kaitjn8さん,コメントありがとうございます。

 MMではRは保険不適応なはずです。逆にLPL/WMと鑑別されると,Bが不適応になるのですが。
 そこらへんは,ゴニョゴニョしてくれるのですが,公式発表はできないかも。

>とはいえ、私は慎み深いので、みなさんお先にどうぞ...

 いえいえ,わたしもエレベーターは最後に乗るように慎み深いので,みなさん,お先にどうぞ。

ふむふむなるほど~~

僕はゆっくり階段を登って行きますよ、、

マサさん,コメントありがとうございます。

まぁ,そう言うずに,お先にどうぞ!!^_^;

皆さん慎み深く遠慮がちに順番待ちですか?
シンドラーでも皆で乗れば怖くない!ですよ。

他人事のようで申し訳ありません。

ハナオヤジさん,コメントありがとうございます。

シンドラー…。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

会社へのうらみからエレベーターを止めた元会社員の犯罪ということになるんでしょうが,それほどのうらみを持たれるような会社だったということですね。

皆さんのコメントで笑ってしまいましたcoldsweats01
みなさん、遠慮深くて・・・・
お笑いのダチョウ倶楽部をおもいだしましたcoldsweats02
みなさん、高尚そう?なので、このお笑いご存じないかも。

hiさん,コメントありがとうございます。

ダチョウ倶楽部,知ってますよ。

みなさん遠慮深いので,あと,十年二十年は,決着がつかないようです。^_^;

>みなさん遠慮深いので,あと,十年二十年は,決着がつかないようです。
便りが無いのは無事な証拠・・・ですから?

ハナオヤジさん,コメントありがとうございます。

病人の場合は,よい便りとも言えないですね。生存確認ができない理由として,考えられるのは…。

わたしは,ブログが半年以上更新されない場合は,ブログ主がお亡くなりになったと解釈しています。。゚(゚´Д`゚)゚。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑感】【業務連絡】鎌倉中央公園2015年8月~かき氷は暑い所で食べるのがうんまい(^q^) | トップページ | 【病中閑あり】2015年8月貧血少食老人徘徊記・長後駅~湘南台駅コース|小田急沿線自然ふれあい歩道 »

無料ブログはココログ