移転先新ブログ


お知らせ

  • 2018年10月31日(水)新ブログに移行しました
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【病中閑あり】2015年4月貧血少食老人徘徊記・山梨市桃色に染まる花の街 出かけなきゃ!春の山梨市 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】つな八食堂にて »

2015年4月13日 (月)

【病中閑あり】2015年4月貧血ほうとう老人徘徊記・慈雲寺のイトザクラ

1.プロローグ

【病中閑あり】2015年4月貧血少食老人徘徊記・山梨市桃色に染まる花の街 出かけなきゃ!春の山梨市

2.海(かい)がなくても甲斐(かい)の国

徘徊日:2015年04月09日(木)
目標:慈雲寺のイトザクラ
日没予定:1810

《塩山駅》

Img_20150409_134014

《駅前武田信玄像》
 山梨県唯一の観光資源。
 というのは,いいすぎで,ぶどうもあれば桃もあればほうとうもある。

 セカンドトリップ開始である。
 予定では,塩山駅近くで昼食をとったあと,16時10分のバスに乗る予定だったが,早く塩山駅に着きすぎて,バスの時刻まで,まがもたない。 16時10分の前は13時0分発で,すでに,出たあとである。

 駅構内の観光案内所でタクシーでいくらくらいかかるかときいたところ,1100円くらいだというので,タクシーに乗ることにした。
 2千円,3千円というのなら,ためらうが。
 歩けば40分くらいらしいが,往復するのはつらい。

 タクシーは,坂道を登っていった。歩いていったら,きつかったろう。
 タクシー利用は,正解であった。

Img_20150409_134037

《慈雲寺》

Img_20150409_135211

《本堂》
 おさい銭一円で,家族とWM患者のみなさんの健康長生きと自分のIgM低下とヘモグロビン増加を願う。

Img_20150409_135742

《慈雲寺のイトザクラ》
 下のほうは,ほとんど散っていたが,上のほうは,まだ,見頃だった。

Img_20150409_135707

Img_20150409_135953

Img_20150409_140038

Img_20150409_140157

Img_20150409_140317

Img_20150409_140849

《別の木》
 天然記念物の木に比べれば小さいが,まだ満開であった。

Img_20150409_140408

《寺の外にもシダレザクラ》

Img_20150409_141400

Img_20150409_141445

《撤収》
 グーグル先生の指示に従って,駅に向かう。下りなので楽だ。
 道の左右に,桃畑が拡がっていた。

Img_20150409_135448

Img_20150409_141742

Img_20150409_142019

Img_20150409_142630

Img_20150409_142816

Img_20150409_143529

Img_20150409_144843

《七福》

手作りを基本。ほうとうは、手打ちの麺を自家製味噌で煮込ます。北海道産の有機栽培のカボチャのほか、10種類以上も入っている盛りだくさんの野菜が味に広がりを持たせています。

Img_20150409_151610

《昼食》
 ここは,はしも割りばしで,お茶は冷たい麦茶であった。希望すれば,熱いお茶もあるとのこと。
 スープは濃厚で,満足。

Img_20150409_153113

《ゴォオール》

Img_20150409_155831

《勝沼ぶどう郷駅》
 ここの甚六桜は,昨年,踏破した。

【病中閑あり】2014年4月貧血メタボ老人徘徊記・青春18きっぷで行く甚六桜

Img_20150409_160304

《おみやげ》
 あやしい物体は,「ころ柿」こと,干し柿である。

Img_20150409_202250

« 【病中閑あり】2015年4月貧血少食老人徘徊記・山梨市桃色に染まる花の街 出かけなきゃ!春の山梨市 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】つな八食堂にて »

病中閑あり」カテゴリの記事

コメント

夫は山梨県出身なので、干し柿のことを「ころがき」と言います。「枯露柿」と書くようですね。

我が家で作る干し柿も、山梨流。
でも、山梨とは違って冬は天気が悪いから、「本当は、山梨で干したらもっと上手くできるのに。」といつも言っています。

このほうとうも美味しそうですね。
まずは、お疲れ様でした。

koharuさん,コメントありがとうございます。

干し柿の作り方にも,土地によって違いがあるのですね。
七福のほうとうは,むかしながらで,肉ははいっていませんでしたが,自家製味噌のつゆがおいしかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【病中閑あり】2015年4月貧血少食老人徘徊記・山梨市桃色に染まる花の街 出かけなきゃ!春の山梨市 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】つな八食堂にて »

無料ブログはココログ